Indeed代理店一覧

近くの Indeed代理店 を探す

都道府県をクリックするとIndeed広告取り扱い代理店一覧(認定パートナー)が表示されます。

北海道・東北北海道 青森 秋田 岩手 山形 宮城 福島
関東東京 神奈川 千葉 埼玉 群馬 栃木 茨城
甲信越山梨 長野 新潟
東海・北陸愛知 三重 岐阜 静岡 富山 石川 福井
関西大阪 兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
中国岡山 広島 鳥取 島根 山口
四国香川 徳島 愛媛 高知
九州・沖縄福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄

採用担当者必見!
Indeed代理店の選び方

代理店は変更できる

indeed広告を取り扱う代理店は変更できることをご存知ですか? 稀に「代理店は変更できない」と誤った認識をされている方がいらっしゃいますが、代理店の変更は可能です。indeed広告は運用担当者(代理店)によって応募効果に差が出る商品です。もっと効率化できるはず、説明が分かりにくい、知識不足を感じるなどの不満があれば、別の代理店の担当者に相談してみましょう。

腕の良い運用担当者とは

腕の良い運用担当者は、1日に4~6回程度クリック単価を調整します。時間帯×曜日によってもクリック数は変化するので、検索マーケットに適したクリック単価の調整が応募効果を左右します。現在取引している代理店に、1日何回くらい単価調整を行っているのか、どのように記録しているのかを確認し、レポートに単価調整の履歴を記入してもらいましょう。中には、2週間単価を調整しないというあきれた代理店もあるそうです。

運用担当者に直接会う

「専任の担当者が広告運用しています」という代理店が増えてきました。そこでお勧めしたいのが、実際に広告を運用している担当者に会ってみることです。実際に運用担当者と会うことで、広告の知識や運用歴などスキルを確認することができます。多くの代理店では、営業マンが手の空いた時間に適当な運用を行っているようなので、しっかりと確認を行ってください。

採用単価改善
Indeedの効果的な運用術

検索キーワードのトレンドを予測する

求職者が検索する「仕事探しのキーワード」は、毎日増えたり減ったりしています。例えば、「ドライバー 求人」というキーワードも昨日は1000回、今日は1600回というように検索される回数は毎日変化しています。これを「週」や「月」の単位でみると、増減に繰り返しのパターン(トレンド)を発見することができます。たくさん検索される週に広告をたくさん出し、検索が少ないときは広告を控える。こうした丁寧な運用が採用単価の改善につながります。

時系列分析

トレンドを活用した運用方法は、以下のページに詳しく書かれています。

Googleトレンドで未来を予測する

予算を上げずに「24時間広告を出す」

Indeed広告で効果を出すための基本的な運用方法として「24時間広告を出す」ことが知られています。これは、日額の予算を上げて広告を出し続けるということではなく、「適正な上限単価」を設定して24時間広告を出し続けるいうことです。上限単価の設定は、平均CPCが正規分布しているだろうと推定して1σ範囲に設定すると効果的です。経験や感だけでなく、統計のロジックを用いて適切に設定しましょう。

正規分布

予算を上げずに「24時間広告を出す」運用方法は、以下のページに詳しく書かれています。

予算を上げずに「24時間広告を出す」